FC2ブログ

野伏ヶ岳




今シーズン初の山ボードで野伏ヶ岳へ。




P1000335_convert_20140408211507.jpg 




前日までに降った雪で上部では多少重たい雪ながらも傾斜があり新雪で楽しめ、下部も傾斜は緩いもののボードは走りと、この時期としては思いのほか良いコンディションで楽しめました。



野伏ケ岳は初めてでしたが、山スキー&ボード向けの良い山でしたが、この時期ではしょうがないのですが、牧場からの林道含めた下山がボードではちょっと一苦労でした。


ハイシーズンなら駐車場まで快適に滑れそうなので、来シーズンは早い時期に再度行ってみたくなりました。




今回、長年履いていたDCshoesのソールがまるごと剥がれてしまい、おじゃんとなり、山スキーブーツも履くと靴下がベタベタになるし、山の冬靴もソールが固くなりツルツルと、全ての足元がおぼつかない状態で、何から手をつければ良いか分からなくなります・・・





( St・Ik )



奥伊吹スキー場




天気がイマイチでしたが、だいぶ感じが掴めてきました。


次回が楽しみです。

P1000257_convert_20140118203507.jpg


( N )

ヘブンスそのはらSNOW WORLD




御在所でアイスの後、山スキーの練習でそのはらスキー場へ。



P1000255_convert_20140118203044.jpg



ボードの時はスキーヤーが邪魔で、スキーの時はボーダーが邪魔に感じるが、そのはらスキー場はボード禁止のスキーの練習には良いゲレンデでした。



1個悪いところを直そうとすると、今まで良かった所が崩れたりと、自分は今一歩でしたが。



( Yk・Is )








ダイナランド

ダイナランドへ久々のスキーへ。



午前中は雨の中のスキー。



しかも3人とも半日スクールに入ってしまったので、1人で滑ったり、ビールを飲んだりと。


P1000112_convert_20130402032529.jpg  


午後からまたみんなで滑るが、インストラクターが言ったという、「疲れた時の滑りが自然に良いポジションになるので、出来るだけ長距離・長時間滑るように」の1言で、リフト終了まで。


スクールで指摘されたというアドバイスでStさんの滑りがめちゃくちゃ上達していたのには驚きでした。


( St・Yk・Is )




奥伊吹



シーズン初めの足慣らしで奥伊吹スキー場へ。




P1000042_convert_20121217222106.jpg




午後からの滑走で、スキー2時間、ボード2時間でしたが、最後の方は足が限界でした。



昔は1日滑っていてもなんでもなかったが、年のせいか、知らぬ間にハーフタイムプレイヤーになってしまっていました。



スキーで1・2点意識して滑ったら、上達した?のが収穫でした。



( Y・I )



富士山 富士宮ルート



富士山へ、今回はボードで。



DSCF3181_convert_20120610205520.jpg 




富士山には何回か登っているが、剣が峰はいつも省いていたので、今回初めて山頂に。



DSCF3184_convert_20120610205751.jpg 



また、いつかは山頂からお鉢内滑走を・・・と思っていましたが、今回やっと念願をかなえることが出来ました。


DSCF3187_convert_20120610205935.jpg 




DSCF3188_convert_20120610210022.jpg 



火口内のサミットフォールも、まだ登れそうでした。



DSCF3191_convert_20120610210245.jpg



登り返しが思いのほかきついものがありましたが、雪質がシャリパーで思い出に残る1本となりました。



DSCF3192_convert_20120610210115.jpg 



( Y・N )









富士山 富士宮ルート




山スキーで富士山へ。



自分のみ膝痛で1人登山でしたが、雪質・天気良く、スキーを持っていかなかったことを後悔しました。



DSCF3157_convert_20120520133046.jpg




DSCF3159_convert_20120520132922.jpg




( Yh・St・Yy )




白馬 八方尾根




今シーズン初スキーに、Yさん、Tさんと八方尾根スキー場へ。



DSCF3122_convert_20120423191927.jpg



DSCF3125_convert_20120423191824.jpg




Yさん1人スクールに入ってしまったので、Tさんと一緒に滑ります。
そして、Yさんを見つけては茶化そうと思いましたが、そんな雰囲気ではありませんでした。



あんなに人の話を真剣に聞いてるYさんは、はじめて見ました。



ただ、残念な事に、スキーの基本的な用語をまったく把握してないYさんにとっては通訳が必要だったみたいです。



DSCF3119_convert_20120423192245.jpg
白馬三山




DSCF3118_convert_20120423192026.jpg
鹿島北壁


白馬三山、鹿島北壁も多くの雪を纏いきれいでした。



( Y・T )


 





富士山 須走り








DSCF3895_convert_20110629214750.jpg
 


Iさんの高所順化、壮行会をかねて今シーズン最後の山スキーに富士山へ。


Iさんは今月2回目の富士山で快調そのものでしたが、自分は体調がすぐれず、夜中に5合目に到着した時から頭痛が・・・


結局、翌朝歩き出してからも、動悸、息切れ、めまいと雪に触ることなく7合目で1人敗退してしまいました。



DSCF3897_convert_20110629215349.jpg


下山が10時頃だった為、まだ登ってくる人達が多く、『山頂から滑ってきたんですか?』、『雪質はどうでしたか?』と行き違う人達に色々聞かれ、初めの方はちゃんと敗退してきたと話していましたが、だんだんめんどくさくなってきて最後の方は、『上のほうだけちょこっとだけでした。』と偽ってしまいました・・・



実際は、山頂からの滑走は、あいにくのガスで視界が得られず、滑れなかったとのことですが、Iさんにとっては良い高所トレになったみたいです。



今からIさんのお土産話が楽しみです。無事の登山&登頂を応援しています!




( S・Y・I )





立山~薬師岳~黒部五郎岳~双六岳~新穂高





立山~新穂高の縦走路(日本オートルート)を山スキーで。



今年初めの荒島岳で山スキーの機動力に魅せられ、帰雲山での散々なスキーデビューから、4ヶ月。



山やゲレンデで練習し、目標であった日本オートルートをなんとか満喫することができました。




5月1日・・・立山より室堂入り。
5月2日・・・室堂~越中沢乗越
5月3日・・・越中沢乗越~薬師岳山荘
5月4日・・・薬師岳山荘~黒部五郎小舎
5月5日・・・黒部五郎小舎~新穂高



初めの3日間は天気が不安定で視界があまりなかった為、忠実に登山道を。一の越では風も強く、気温も低く、以前切断した左手の指が凍傷になる寸前でした。



DSCF3846_convert_20110509215504.jpg 





DSCF3845_convert_20110509215408.jpg 




DSCF3843_convert_20110509215635.jpg 



色々ブログなどを拝見すると1日で室堂~太郎平小屋まで歩を進める強者もいるようですが、今回は全てテント泊の予定で荷が重く、視界も悪く、あまり滑ることが出来なかったこともあり、2日目は越中沢のコルにて幕営。



DSCF3848_convert_20110509215111.jpg




DSCF3850_convert_20110509215814.jpg




翌朝、越中沢で準備をしていると、Kさんから頂いた年代物の兼用靴のソールが両足とも剥れてしまったり、また買ったばっかりのシールの粘着が貧弱だったりと足元がおぼつかない・・・入念に準備したつもりだったが・・・



それでもなんとか吹雪の中の薬師岳を越え、薬師岳山荘で3日目の幕営。



薬師岳山荘からは天気にも恵まれ、また滑るのに適した斜面が連発している為、山スキー本来の姿で、新穂高まで満喫することができました。




DSCF3863_convert_20110509220022.jpg 





DSCF3866_convert_20110509220119.jpg 
雲ノ平・・・天空の楽園と言われているので、いつか行ってみたい所です。



DSCF3868_convert_20110509220301.jpg





DSCF3859_convert_20110509220612.jpg  





DSCF3871_convert_20110509220939.jpg 


薬師岳・双六岳周辺は山スキー、ボードの楽天地でした。来年は太郎平小屋か黒部五郎小舎に停泊し、周辺を滑りまくりたいものです。



( Y・K )






 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】