FC2ブログ

甲斐駒ケ岳 黄連谷右股


12月29日~31日で黄連谷右股に。


DSCF4080_convert_20120101151057.jpg



12月29日

今日は5合目までボッカのみだが、初めての黒戸尾根。

日本三大急登だけあって、最後のほうは完全に息が上がってしまいました。それでも4時間ほどで昼ごろには到着し、黄連谷への下降の偵察に。





12月30日

4時半出発し、日が出始めた頃にちょうど坊主の滝へ。

出だしの坊主の滝は、かなり氷が発達しており、写真などで見るよりかなりの威圧感が。出だしからかなりビビりが入ってしまいましたが、今回の山行は自分が行きたいと思っていたルートに決めて頂いたため、ナヨな気持ちを振り払いリードさせて頂きました。ただ思っていたより、氷への刺さり具合が良く、何とか無事に抜ける事が出来一安心でした。


e0189446_21551860.jpg  
坊主の滝

その後はIさん、Smさんとリードを交代しながら上に上がるが、いかんせんSmさんのロープがなんともならない。完全に凍りつきほぼ棒状態。確保器を通すのも一苦労でした。(Smさん、新しいロープ買いましょう!)その後の奥千丈ノ滝も氷結状態が良く、ロープの取り回し意外は気持ちの良いアイスが楽しめました。


DSCF3367.jpg 


が、ここで時間切れ。日はまだ高かったが、奥ノ滝を登るには、ラテ登攀、ビバーク覚悟の時間になってしまった為、右岸の尾根に上がり、黒戸尾根を目指すも、ここからも結構な時間を要してしまい、テントに戻ってきたのが8時過ぎと、約16時間の行動で、完全にやられてしまいました。

右股は自分が考えていたよりはるかに体力勝負のルートでした。最後のほうは1歩を上げるのも一苦労。途中ビバークでも良いから休みたくなりましたが、何とかテントまで戻る事が出来、長い1日となりました。




12月31日

今日は下山のみ。朝起きると、体が自分のものではないと感じるほど、いうことが効きませんでしたが、無事に下山。

完登は出来ませんでしたが、今年を締めくくる良い山行でした。




( Y-G )
( St-My )
( I-Sm-Iz )



本年も皆様のお力添えで何とか乗り切る事が出来ました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


来年が皆様にとって良い年になりますように…


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】