FC2ブログ

グリンデルワルト




20日、22:30発のトルコ航空にて、途中トルコ・イスタンブールで乗り換えスイス・ジュネーブへ。


自分の計算では朝方ジュネーブに着き、グリンデルワルトには昼前には付く予定だったが、計算違いで現地に16時着。


DSCF3227_convert_20120818181021.jpg
レマン湖畔



 DSCF3239_convert_20120818181135.jpg
グリンデルワルト



DSCF3240_convert_20120818181222.jpg 
駅前

天気はあいにくの雨。予定では全工程テント泊の予定でしたが、駅から1km離れたキャンプ場に荷物を引いて雨の中・・・と2人とも気が滅入ってしまい、買出しも不便だし・・・などとお互い言い訳を探し、結局出だしからバックパッカー宿へ。


飛び込みだったが、泊まれるとのことで、Downtown Lodge へ。

downtown_lodge_areal.jpg
Downtown Lodge


朝飯つきで38フラン。3200円/泊ぐらいの安宿だったので、グリンデルワルトのベースをこの宿に決め、買出し、保険手続き、小屋の申し込みへ。



DSCF3241_convert_20120818181300.jpg 
登山者センター


登山者センターでメンヒスヨッホ小屋の予約と、保険申し込みをお願いするも、小屋へはこの電話番号へ、保険はこの振込用紙に記入し郵便局へ、とあしらわれる。


基本的にガイドの申し込み者には対応が良さそうだが、ガイドレスの情報だけ聞きに来る、お金にならない登山者には態度がはっきりしている感じでした。しかもこの時間ではもう郵便局が閉まっており、明日は日曜日で休み。月曜日の朝まで待たなければならないと知り・・・


ビール、酒をしこたま買い宿へ。








保険関係は日本で済ませてくるべきだったと酒を飲みながら後悔し初日終了。



( N )



ヨーロッパ山行




07月20日(金)  晴       日本出国
07月21日(土)  雨       ジュネーブ~グリンデルワルト移動
07月22日(日)  晴       ステイ
07月23日(月)  晴       保険登録後~ユングフラウヨッホ~メンヒ~メンヒスヨッホ小屋
07月24日(火)  晴       メンヒスヨッホ小屋~ユングフラウ~ユングフラウヨッホ~グリンデルワルト 
07月25日(水)  晴       グリンデルワルト~ツェルマット移動
07月26日(木)  晴       ツェルマット~ヘルンリ小屋
07月27日(金)  晴→雨    ヘルンリ小屋~マッターホルン~ヘルンリ小屋 
07月28日(土)  雨       ヘルンリ小屋~ツェルマット
07月29日(日)  晴       ツェルマット~シャモニ移動
07月30日(月)  晴       ステイ (保険登録)
07月31日(火)  晴       シャモニ~テートルース小屋
08月01日(水)  晴       テートルース小屋~モンブラン~モンモディ~ミディ~シャモニ
08月02日(木)  晴       ステイ (エンブロネン・モンタンベール観光)
08月03日(金)  晴       ミディ南壁 レビュファルート
08月04日(土)  晴       片付け
08月05日(日)  雨       シャモニ~ジュネーブ移動・観光   Nさん帰国
08月06日(月)  雨       ジュネーブ~アヌシー観光~ジュネーブ
08月07日(火)  晴       ジュネーブ~トリノ観光
08月08日(水)  晴       トリノ観光~ジュネーブ
08月09日(木)  晴       ジュネーブ観光~スイス出国
08月10日(金)  晴       日本帰国



( N )


御在所岳 一壁&兎の耳



DSCF3198_convert_20120716203628.jpg 


湿りがちの岩にどのルートも難しかった・・・


( Yk・St・Sz・On・Is・Yo・Migeu・Iz )

富士山 富士宮




7月14日~15日で富士山へ。


DSCF3197_convert_20120716203539.jpg



天気最悪でしたが、山頂、登山道は人ごみでした。


( N )



キャメロット0.75



去年、岩場で落としてしまい歯抜けだった0.75


P1000030_convert_20120711233702.jpg



今日、トレーニングで好日に行くと、一緒に行ったSさんから何か登攀具を餞別に、との事で買ってもらっちゃいました。



Sさん、ありがとうございました!



肝心のトレーニングの方は、エベレストサミッターAtさんの目の前での、大フォールと恥ずかしい限りでした。









Atさんは、自分のフォールより、Sさんがミウラーを履いて登っている方が驚きだったようですが・・・



( St・At )







 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】