FC2ブログ

マウントクック リンダ氷河ルート

12月31日

思えば今年のGWに剣の赤谷尾根を登り、テントの中でNさんが1言「Mt.Cook登ってみたいなぁ~」から始まったこの山行。
計画が早い事にこしたことはないが、逆に半年前から計画すると、常に付きまとうプレッシャーと、逆にまだまだ先の話との考えで、中だるみしてしまったり、正直調整が難しかった。それも今日これから山頂を踏んで無事下山すればすべてから開放される。そんなことを考えながら小屋を01:00に出発。

01:00出発でも早いと考えていたが、先を見ると2、3パーティー先行している。

時折満点の夜空を仰ぎ見ながら歩を進めるが、世の中にはこんなにも星があるのかと思うほど隙間なく輝く星に、これだけ見れただけでも着た甲斐があったと思う夜空でした。星空を撮る腕が我々にないのが非常に残念でした。

IMG_4727.jpg



 IMG_4728.jpg



IMG_4729.jpg 

夜明け6:00頃に偵察時終了点着。いつもは汗をかきまくるが、乾いているのか順調にここまで。


IMG_4730.jpg



IMG_4732.jpg 



IMG_4736.jpg 



IMG_4739.jpg

サミットロックまでは1本のロープでコンテできたが、サミットロックからはMr.PFとNさん、自分とAlexの2組に分かれて登攀。

御在所のαルンゼくらいと思っていたが、思いの外、難しく写真を撮る暇がぜんぜんありませんでした。

その後も長い雪稜で山頂着が11:00。

IMG_4743.jpg


  IMG_4756.jpg
5mほど先が本当の山頂ですが、先住民マオイの神聖なる地とされているようで、ガイドパーティー含め手前で終了のようです。


IMG_5190.jpg 


IMG_5192.jpg 


IMG_5193.jpg

IMG_4754.jpg


下山は50mロープ2本で懸垂メインで下降しましたが、Mt,cookでは60mロープ向けで整備されており、50mだと結構中途半端でした。
下山時は雪も緩んでおり、通り過ぎたところが雪崩れたり、行きに通ったクレパスが崩れて渡れなくなっていたりと、下りも時間、神経をすり減らし、登りと同じく10時間かけ、21:00に小屋着の20時間行動で無事下山できました。

小屋から我々の下山を見守っていてくれたガイドから「おめでとう」と言われ素直に嬉しかったです。


Mt.cook 正直体力勝負の山と思っていたが、雪が緩む昼にも行動したりと常に神経を張っていないとならず、またサミットロックもプロテクションがあまり取れず想像していたよりしんどかったです。

日本出国前、せっかく行くのだから、Mt.cookだけでなく、ついでにMt.Tasmanも、などと話していたが、話していた自分たちが滑稽に思えてきました。Mt.Cook山頂から見たMt.Tasmanは美しく、そして人を寄せ付けない威圧感があり、おそらくCookより難しい。いつか登れたらどれだけ嬉しいだろうかと思わせる山並みでした。


IMG_4731.jpg


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】