FC2ブログ
HOME>アルパインクライミング

錫杖岳 前衛壁 左方カンテ



DSCF4053_convert_20111009235541.jpg 




10月8日~9日で錫杖へ。



錫杖は2回目で、去年1ルンゼを登りに来たが、取り付きまでの記憶があまりなく、初日は錫杖沢の出合で幕営&取り付きまでの偵察と決め込んで槍見の駐車場を遅めの出発。



3連休だが、どこか幕営出来るだろうと錫杖沢出合に着くと、既に10張り以上のテントで満員御礼状態。1ヶ所なんとか張れそうなところがあったが、明らかにキジ臭い。



M君のテントであれば、もう張るところないからと、そこに張ったと思うが、自分のテントだとさすがに張れない。



結局クリア岩舎に幕営。


DSCF4057_convert_20111009235316.jpg




テントを張り、まったりした後、取り付きまでの下見に。



クリア岩から3ルンゼ~左方カンテの取り付きを目指していると、頭上にヘリが。左方カンテの取り付きまで着くと、ヘリは左方カンテのルート上をずっとホバリング。何かあったのだろうが、とりあえず明日の懸垂地点の確認で注文の多い料理店の取り付まで行くと、数名が懸垂してきたので聞いてみる。



どうやら、左方カンテの7P目の1m弱四方のフレークが剥れてしまい、それが注文の多い料理店を登っていた人に当たってしまい、リードされていた方が5mほど宙摺りに、そのときに胸や腕を強打してしまった為の救助との事でした。ただ話を聞くと意識はしっかりしているとのことで、不幸中の幸いと言ってしまうと大変失礼ではありますが、命にかかわる事故でなくホントに良かったです。怪我をされた方の1日も早い回復を心よりお祈り致します。




概ね、取り付きまでの登山道&懸垂場所が分かったので、テントへ。それでもまだ2時。やることがなく焚き火をすると、M君のザックからなんとワインが。火を眺めながら飲むワインは結構おつなものがありました。




DSCF4054_convert_20111009235436.jpg





結局、早飯、早寝で6時には就寝。





翌朝は1番に取り付こうとヘッデンで5時出発。それでも考えるのはみんな同じで、1.2パーティーは取り付いていると思ったが、日の出頃取り付きに着くと誰もいない。良い意味で予想外でした。




ゆっくり準備し、いよいよ左方カンテへ。Iz(奇P)-M(偶P)で取り付く。





左方カンテは数年前、また今年に入ってからと残置ピトンの整備をしたようで、1~4Pまではハーケンが1本もない。その後の5P以降もカムが取れるところには残置はほとんどなく、今回はちょっと多すぎると思ったが、M君、自分とそれぞれ1set、計2setカムを持参し、カムが取れそうなところでは取りまくり登る。ハーケン、リングボルトがあると精神的に安心するが、自分でカムをsetしながら登るのも面白いものがありました。(数箇所ギリギリでの体勢でのsetと冷や汗ものでしたが・・・)



DSCF4061_convert_20111009235639.jpg 
注文の多い料理店


オールフリーとはいきませんでしたが、入会2年目コンビで左方カンテを完登することが出来、いろいろな面で有意義な山行でした。





M君の 『 御在所魂を見せましょう!! 』 という言葉で、今回完登出来たように思います。





( M )

















この記事のトラックバックURL

http://iichan0530.blog.fc2.com/tb.php/149-6ca6ff55

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】