FC2ブログ
HOME>岩

御在所岳 一の壁&ウサギの耳





今週末はT山の会の仲間と富士山・須走りへスノーボードのすべり収めを予定していましたが、天気予報で、富士山周辺は日曜があいにくの雨の為、来週末に延期となり、急遽、K山岳会のSさん・Yさんへ連絡し御在所岳へ。




Sさんと一の壁の3ルート、左ルート、右ルートと登り昼飯。昼飯後に今回の目的、ダイレクトルートへ。




ダイレクトルートは、小ハング下までは順調だったが、ハング超えが想像していた通り難しい。エッジに両手クリンプで体・足を持ち上げて、右手でガバ・・・頭では分かっているが、足を持ち上げるはっきりしたホールドがないため、細かな岩の結晶にフリクションし、強引に体を持ち上げるが、なかなかうまくいかずあえなく撃沈。2度撃沈し、腕もパンプ寸前。これでだめなら、情けないがダウンコールを覚悟で、最後のパワー全快。足のフリクションも決まり(偶然ですが・・・)やっとガバに右手が届く。その後は左ルート・右ルートと同じようなグレードの為、何とか登りきる事が出来ました。




その後、ダイレクトよりグレードが高い4ルートを誘われましたが、ダイレクトの核心部で数十分格闘した自分の腕はすでに使い物にならず、3ルートを再び登り一の壁を終了としました。




一服した後は、現在Yさんがルート開拓しているダイヤモンドフェースへ。Yさんはここ毎週ダイヤモンドフェースにザイルを垂らしクラック内の枯れ葉落とし、泥落とし。ある程度目途がたったとのことですが、クラック内に水が流れているため、現在長期晴天待ち。かなりかぶっている、このクラックルートをどうやって登るのか、今から楽しみです。




DSCF3334_convert_20100529214019.jpg 
ダイヤモンドフェース




DSCF3337_convert_20100529214230.jpg 
ダイヤモンドフェース



用事のあるSさんは3時に下山し、Yさんと自分は下山道の途中にあるウサギの耳へ。ウェイクアップ5.10-にトライしましたが、、レイバックで登るこのルートに、腕がまったくもってダメダメの自分は全然歯がたちませんでした。





いろいろ課題だけが増える一方です・・・





来週末は富士山。天気が気になるところです。





 

この記事のトラックバックURL

http://iichan0530.blog.fc2.com/tb.php/50-6119022a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】