FC2ブログ

Mt.cook Linda rute 偵察

12月29日

朝6:00 出発でルート偵察へ。

今日は夕方から天気が悪くなるとの事。行ける所まで。
IMG_4626.jpg

IMG_4638.jpg 

IMG_4639.jpg 

IMG_4640.jpg 

IMG_4641.jpg 

IMG_4644.jpg  
 
IMG_4658.jpg 

IMG_4671.jpg 
IMG_4681.jpg 
IMG_4682.jpg 
IMG_4686.jpg 

IMG_4687.jpg 

想いの外順調にコーナーまでついてしまい、この時点で9:00  このペースで行けば偵察でなく今日このまま山頂までいけるのではないかと話したが、結果引き返してよかったです。夕方にはまっすぐ立って歩くことも出来ない吹雪になり、小屋の外にあるトイレに行くにもFIXロープたよりで行く状態で、そんな中トイレに行こうとしたらメガネが風に持っていかれてしまいその後ずっとコンタクト生活を。


クライストチャーチ~マウントクック村~プラトーハット

12月28日

昨日夜部屋でビールを飲みながら、空港からここまで乗っけてもらったタクシーの話になり、思ったより空港から遠かったよな?とか、絶対遠回りされたなどと話、自分はこれも異文化の聖霊としょうがないとあきらめていたが、Mr.PFは納得がいかなかったようで、今朝、また同じドライバーがホテルに迎えに来たとき、ぼろくそに運転手に文句を言っているのがすごかった。たぶん運転手は今日は朝からカモ乗せて幸先良いと思っていたと思うが、Mr.PFにぼろくそに言われ、かわいそうになるぐらいしょぼくれていた。しかしショートカットで昨日の半分弱の運賃だったのでしょうがないかと。

8:00ちょうどにレンタカー会社に着き9:00頃無事出発。出だしバタバタとなったが、Nさん、どこのサイトで見つけたのかわからないが、10日で18,000円という格安レンタカーを見つけてくれて1,800円/日の車にしては大きさ、調子とも良く快適な旅が期待できます。
IMG_4901.jpg

クライストチャーチからマウントクック村へ。ニュージーランドは左側通行で日本と同じだが、一般道路で最高速度100キロだったり、踏切では基本止まってはいけないなど、日本とちょっと違うので戸惑うところもあるが、1日運転してれば慣れてしまいます。
クライストチャーチを出て小1時間でASHBURTONという町のカウントダウンで食料を追加購入し、その迎えにOUTDOOR  ADVENTURE SPORTS があり、ガスカートリッジを購入。

IMG_4518.jpg

マウントクック村のDOCでもガス缶を取り扱っているとのことだが、もし品切れだと最悪なので、途中で入手でき安心できました。

IMG_4531.jpg


 IMG_4534.jpg


IMG_4536.jpg 




その後DOC到着後、計画書の提出、プラトーハットの宿泊代支払い、パーソナルロケータービーコンのレンタル、ガイドによるルートの状況の確認を受け、マウントクック空港へ。

IMG_4545.jpg


 IMG_4599.jpg



IMG_4612.jpg 

結構風が強くても飛んでくれるようでありがたいが、乗り心地は結構おっかなかった。

IMG_4615.jpg



 IMG_4617.jpg


IMG_4614.jpg 


IMG_4621.jpg 


IMG_4622.jpg 


IMG_4623.jpg 

IMG_4624.jpg

プラトーハット、無人小屋ながら50人ほどが宿泊でき、ガス、水、食器すべてそろっており快適な小屋でした。また無線機があり、必要であればDOCとやり取りができるとの事。それとは別に夕方19:00に小屋とDOCの定期交信があり、地元ガイドの人が取り仕切ってくれ助かりました。

明日は天気が良いとのことなので、朝からルート偵察。今日はステーキにてスタミナ補充でした。

中国広州空港~クライストチャーチ泊

12月27日

00:50中国広州空港発、17:20クライストチャーチ着。

到着後、すぐ予約していたレンタカーを借り、スーパーマーケットにて食料調達後ホテルに入る予定が、レンタカー会社が17:00にすでにしまっており・・・到着時間等も連絡していたのにこっちの人はお構いなしのようです。

結局レンタカーは明日8:00にレンタカー会社に行くことにし、タクシーで今日の宿「Northcote Motor Lodge」へ。3人部屋で値段も手ごろで綺麗な宿。しかもおかみさんが優しく、これから買出しに行くなら、スーパーまで結構あるのでと、行きも帰りも送り迎えして頂き、
助かりました。はじめは自分たちで持って帰るので大丈夫と話していたが、3人×8日分の食料は結構な重量で、車でなければ大変でした。

一通り落ち着いたところで近くのインドカレー屋で夕食を取り、部屋に戻りビールとワインで無事ニュージーランド入り出来たことに乾杯。

セントレア~中国広州空港

12月26日

15:10発の中国南方航空で中国広州空港へ19:10着

ニュージーランド山行


12月26日  セントレア~中国広州空港
12月27日  中国広州空港~クライストチャーチ空港~クライストチャーチ泊
12月28日  クライストチャーチ~マウントクック村(DOC)~マウントクック空港~プラトーハット
12月29日  Mt.Cook Linda rute 偵察
12月30日  悪天の為、プラトーハット周辺でレスキュー訓練
12月31日  プラトーハット~Mt.Cook~プラトーハット
1月1日   プラトーハット~マウントクック空港~マウントクック村(DOC)~ホワイトホースヒル キャンプ場
1月2日   ホワイトホースヒル キャンプ場~レイクテカポ モーテル&ホリデーパーク キャンプ場
1月3日   レイクテカポ モーテル&ホリデーパーク キャンプ場~レイクワナカ アルバートタウン キャンプ場
1月4日   レイクワナカ アルバートタウン キャンプ場~クライストチャーチ観光~クライストチャーチ空港~オークランド空港~中国広州空港
1月5日   中国広州空港~中国上海空港~セントレア

西穂高岳

西穂高岳へ高所順応に。

久々の3000mで辛かった。良い順応が出来ました。

ワッチ 安らかに

また1人、高校時代のサッカー部の仲間が逝ってしまった。

4年前、ヤッピーの葬儀の時には既に肺がんのステージ3で、その時は「俺も死にたくないから新薬でもなんでも試して頑張るよ」と明るく言っていて、徐々に良くなってきているものとばかり思っていたのに・・・

何か悪さをする時のあの屈託のない笑顔は今でも忘れられない。

葬儀の際、ヤッピーの奥さんが、うちのがさびしくてワッチを呼んじゃったのかなぁって一言には涙を堪えきれなかった。

ワッチ、もう一度一緒に酒飲んでばか騒ぎしたかったよ。




ヤッピーと安らかに。

御在所岳 前尾根

アイゼントレとレスキュー訓練を前尾根で。

御在所 一壁

一壁でアイトレ。

レスキュー訓練

1日レスキュー訓練。

色々とためし、勉強になりました。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】